KCRセンターは栗田工業の「水処理ご相談窓口」です

ウイルスも取り除くUF膜

企業の水処理問題をトータルで解決!

「水」のプロが応える
水処理相談サイト

栗田工業株式会社

相談ダイヤル

メニュー

水処理教室

水処理教室

超純水製造から排水・汚泥処理まで水処理技術をレクチャーします

No.55前処理・ろ過

ウイルスも取り除くUF膜
KCRセンター坂倉徹
【解説者】

栗田工業株式会社KCRセンター

坂倉徹

栗田工業/KCRセンターの坂倉です。№55の水処理教室では、「UF膜」についてお話いたします。UF膜は、MF膜よりも微細な孔を持ち、分子量5000~30万程度の高分子成分(たんぱく質やポリエチレングリコールなど)や、粒子径1~100nmのウイルス、エマルジョンなど小さな物質を除去することができます。その特徴と用途について解説いたします。

KCRセンター坂倉徹
【解説者】
  • 栗田工業株式会社
  • KCRセンター
  • 坂倉徹

解説

水処理教室№54で説明したMF膜よりも微細な孔をもつのがUF膜です。このUF膜が水処理に用いられるようになったのは1960年以降のことです。当初の膜素材は酢酸セルロースでしたが、現在ではポリアクリロニトリルやポリスルフォンなどいろいろな合成高分子が使用されています。水処理でUF膜の処理対象となるのは、分子量5000~30万程度の高分子成分(たんぱく質、ポリエチレングリコールなど)や粒子径1~100nmのウイルス、エマルジョンなどです。

UF膜による水処理の特徴

UF膜のろ過方式は、砂ろ過や一部のMF膜で用いられているろ過面(膜面)に垂直に水を流す全量ろ過方式とは違い、ろ過面に対して平行に流すクロスフロー方式が採用されます。UF膜の形状は、合成高分子のMF膜と同じで、平膜・管状膜・中空糸膜、さらに平膜をのり巻き状に巻き込んだスパイラル型もあり、用途に応じて使い分けています。UF膜は、コロイド状物質や高分子成分を含む水に圧力をかけてろ過する方式が一般的です。コロイド状微粒子や高分子有機物を含む水の場合、ある程度ろ過を進めていくと膜面にそれらの物質が蓄積した層(ゲル層)ができて、膜面を詰まらせてしまいます。そうなると、ろ過流量が減少します。そのため、洗浄ができない平膜・管状膜・スパイラル型などの構造をもつものでは、このゲル層をいかに減らすかがUF膜の使用のポイントになります。
UF膜のしくみと用途

用語解説

エマルジョン
乳濁液ともいう。液体中に他成分の液体粒子がコロイド粒子あるいはそれより粗大な粒子として分散して乳状をなすもの。油と水とを混ぜて振れば一時的にエマルジョンとなる。

CHECK
POINT!

  • UF膜は、MF膜よりも微細な孔をもちます。
  • UF膜は、ポンプで圧力をかけてろ過します。

出典:よくわかる水処理技術(株式会社日本実業出版社発行)

バックナンバー

ユーザー登録のメリットユーザー登録のメリット

他の製品を見る

規格型水処理装置

水処理薬品

設備診断をしてみませんか設備診断をしてみませんか

御社のお悩みを解決する最善の方法をご提案いたします。お気軽にお申し込みください

気になる水処理設備を3つの視点で 診断します

  • 環境負荷軽減 環境負荷
    軽減

  • 管理負担軽減 管理負担
    軽減

  • コスト削減 コスト
    削減

メーカーに関わらず診断いたします

はじめてKCRセンターに来られた方へ「はじめてKCRセンターに来られた方へ」

企業の水処理のご相談を受け付けているクリタのサイトです。お悩み解決をサポートします

お問い合わせ・ご相談は下記までお気軽にご相談ください。
ご相談受付ダイヤル 相談無料0120-40-7474

受付時間 9:30〜17:00(土・日・祝日を除く)

栗田工業株式会社KCRセンターは栗田工業の
「水処理ご相談窓口」です

ご相談受付ダイヤル

相談無料0120
40-7474

受付時間 9:30~17:00
(土・日・祝日を除く)

WEBで相談する

カタログ請求