KCRセンターは栗田工業の「水処理ご相談窓口」です

幅広い分野で使われるMF膜

企業の水処理問題をトータルで解決!

「水」のプロが応える
水処理相談サイト

栗田工業株式会社

相談ダイヤル

メニュー

水処理教室

水処理教室

超純水製造から排水・汚泥処理まで水処理技術をレクチャーします

No.54前処理・ろ過

幅広い分野で使われるMF膜
KCRセンター坂倉徹
【解説者】

栗田工業株式会社KCRセンター

坂倉徹

栗田工業/KCRセンターの坂倉です。№54の水処理教室では、「MF膜」についてお話いたします。MF膜は家庭用浄水器に使われています。また、災害時に飲料水を確保する緊急用ろ過器や工業用水の前処理ろ過のほか、超純水製造、医療用水製造の最終ろ過としても採用されています。このように幅広い分野で使われているMF膜のしくみと用途について解説いたします。

KCRセンター坂倉徹
【解説者】
  • 栗田工業株式会社
  • KCRセンター
  • 坂倉徹

解説

さまざまな膜ろ過のうちMF膜は、ろ過装置に直接水を通してろ過するスクリーン方式として使用されています。この場合、ろ過を続けていくと膜面に濁質粒子がたまっていき、膜の給水側と処理水側の間で圧力損失が上昇します。この圧力損失がある基準に達すると、新しい膜と交換するか、あるいは処理水側から逆洗を行い、堆積した濁質粒子を系外へ排出する必要があります。MF膜は、その孔径範囲が0.1~10μmと比較的広く、また形状も糸巻き繊維のものや平膜加工のもの、あるいは管状のものや中空糸状のものなど多種多様で、用途によってその特徴を生かした使用がなされています。

MF膜のしくみと用途

家庭用浄水器にも使われている

MF膜の利用例としては、工業用水の前処理ろ過、超純水製造や、医薬用水製造の最終ろ過などに加えて、家庭の水道や蛇口につけて水道管で発生したサビなどを取り除く家庭用浄水装置や、地震や水害などの災害時に使う緊急用ろ過器の中にも使われています。また、逆浸透膜脱塩装置(RO装置)は、濁質が入り込むとすぐに目詰まりを起こしてしまいます。そこでRO装置の目詰まりを防ぐための保安フィルターとしてカートリッジ型のMF膜が必ず設置されるなど、MF膜はいろいろな分野で広範囲に活躍しています。

用語解説

圧力損失

配管内で流体が、摩擦などで失うエネルギーのこと。

CHECK
POINT!

  • MF膜は、家庭用浄水装置や災害時の緊急用ろ過器にも使われています。
  • 工業用水の前処理や超純水製造の最終ろ過としても使われます。

出典:よくわかる水処理技術(株式会社日本実業出版社発行)

バックナンバー

ユーザー登録のメリットユーザー登録のメリット

他の製品を見る

規格型水処理装置

水処理薬品

設備診断をしてみませんか設備診断をしてみませんか

御社のお悩みを解決する最善の方法をご提案いたします。お気軽にお申し込みください

気になる水処理設備を3つの視点で 診断します

  • 環境負荷軽減 環境負荷
    軽減

  • 管理負担軽減 管理負担
    軽減

  • コスト削減 コスト
    削減

メーカーに関わらず診断いたします

はじめてKCRセンターに来られた方へ「はじめてKCRセンターに来られた方へ」

企業の水処理のご相談を受け付けているクリタのサイトです。お悩み解決をサポートします

お問い合わせ・ご相談は下記までお気軽にご相談ください。
ご相談受付ダイヤル 相談無料0120-40-7474

受付時間 9:30〜17:00(土・日・祝日を除く)

栗田工業株式会社KCRセンターは栗田工業の
「水処理ご相談窓口」です

ご相談受付ダイヤル

相談無料0120
40-7474

受付時間 9:30~17:00
(土・日・祝日を除く)

WEBで相談する

カタログ請求