KCRセンターは栗田工業の「水処理ご相談窓口」です

汚泥をろ過室で加圧するフィルタープレス

企業の水処理問題をトータルで解決!

「水」のプロが応える
水処理相談サイト

栗田工業株式会社

相談ダイヤル

メニュー

水処理教室

水処理教室

超純水製造から排水・汚泥処理まで水処理技術をレクチャーします

No.52汚泥

汚泥をろ過室で加圧するフィルタープレス
KCRセンター若田政己
【解説者】

栗田工業株式会社KCRセンター

若田政己

栗田工業/KCRセンターの若田です。№52の水処理教室では、「フィルタープレス」についてお話いたします。フィルタープレスは、汚泥をろ過室に詰め込み加圧して脱水する装置で、脱水したケーキの含水率は低くなります。フィルタープレスには汚泥を加圧して送り続けて脱水するタイプと、ろ過室内のダイヤフラムが膨らんで脱水するタイプがあります。そのしくみについて解説いたします。

KCRセンター若田政己
【解説者】
  • 栗田工業株式会社
  • KCRセンター
  • 若田政己

解説

フィルタープレスは、汚泥を限られた空間に加圧して詰め込むことで脱水する機械で、得られるケーキの含水率は比較的低くなります。フィルタープレスの本体内には、ろ布を張った2枚の鋼板またはプラスチックの板で仕切られたろ過室がいくつか並んでいます。このろ過室の配列方法によって、横型と縦型のものがあり、ろ過の方法も片面ろ過と両面ろ過とがありますが、どのタイプもろ板全体を油圧で締め付けた状態で、各ろ過室に給泥管を通して、水を含んだ汚泥をポンプで圧入します。そして全ろ過室に汚泥が充満した後も、さらに加圧して汚泥を詰め続けることによって、汚泥中の水分がろ過されて脱水が行われます。つまり汚泥を強い力で押し込んで圧力を加えることで搾るように水を除去するのです。そして脱水が終わると、ろ板を締め付けていた油圧が解除され、ろ過室が開いて汚泥が下に落ちるしくみになっています。

ダイヤフラムで加圧するタイプもある

フィルタープレスには、汚泥を加圧して送り続けることでろ過するタイプと、ろ過室内にダイヤフラムを有した圧搾タイプがあります。このプレス機では、ろ過室が汚泥で満たされた後、さらに汚泥を押し込むのではなく、ダイヤフラム内に高圧の空気や水、油などを圧入して膨らませることで、汚泥の両側から圧搾力を加えて脱水します。ろ液は、ろ板内の溝を通って下部から機外に排出されます。ダイヤフラムは丈夫なゴムなどでできていて、かなり高圧で空気や水を圧入しても破損するようなことはありません。ろ過が完了した後は、圧搾空気を各ろ室に吹き込むことで、ろ布に付着したケーキを離れやすくします。そしてろ板を開くと、ろ布から剥離したケーキは自重で落下して、搬出されます。

フィルタープレス脱水機のしくみ

用語解説

ダイヤフラム

隔膜、仕切り板のこと。

CHECK
POINT!

  • フィルタープレスは、汚泥をろ過室内で加圧して脱水します。
  • ダイヤフラムを利用して空気圧で脱水するタイプもあります。

出典:よくわかる水処理技術(株式会社日本実業出版社発行)

お問い合わせ・ご相談は下記までお気軽にご相談ください。
ご相談受付ダイヤル 相談無料0120-40-7474

受付時間 9:30〜17:00(土・日・祝日を除く)

このページを見ている方へのおすすめコンテンツ

バックナンバー

ユーザー登録のメリットユーザー登録のメリット

他の製品を見る

規格型水処理装置

水処理薬品

設備診断をしてみませんか設備診断をしてみませんか

御社のお悩みを解決する最善の方法をご提案いたします。お気軽にお申し込みください

気になる水処理設備を3つの視点で 診断します

  • 環境負荷軽減 環境負荷
    軽減

  • 管理負担軽減 管理負担
    軽減

  • コスト削減 コスト
    削減

メーカーに関わらず診断いたします

はじめてKCRセンターに来られた方へ「はじめてKCRセンターに来られた方へ」

企業の水処理のご相談を受け付けているクリタのサイトです。お悩み解決をサポートします

栗田工業株式会社KCRセンターは栗田工業の
「水処理ご相談窓口」です