KCRセンターは栗田工業の「水処理ご相談窓口」です

リンを含んだ排水の処理法(2)-MAP法

企業の水処理問題をトータルで解決!

「水」のプロが応える
水処理相談サイト

栗田工業株式会社

相談ダイヤル

メニュー

水処理教室

水処理教室

超純水製造から排水・汚泥処理まで水処理技術をレクチャーします

No.34無機排水処理

リンを含んだ排水の処理法(2)-MAP法
KCRセンター小川晋平
【解説者】

栗田工業株式会社KCRセンター

小川晋平

栗田工業/KCRセンターの小川です。№34の水処理教室では、「リンを含んだ排水の処理方法-MAP法」についてお話いたします。工場や下水処理などで処理されたリンは、これまで汚泥と共に捨てられていました。しかし、リン資源の枯渇が叫ばれる中、その有効利用を目的としてMAP法が開発されました。今回は、その処理方法を解説いたします。

KCRセンター小川晋平
【解説者】
  • 栗田工業株式会社
  • KCRセンター
  • 小川晋平

解説

工場や下水処理などで処理されたリンは、これまでは汚泥とともに埋め立てられてきました。しかしリン資源の枯渇が危惧され、その効率的な回収・再利用システムの確立が求められています。そこで登場したのが(Magnesium Ammonium Phosphate:リン酸マグネシウムアンモニウム)法です。MAP法はもともと畜舎などの排水で不溶解性のリン酸塩が配管をふさぐ現象の対策として研究されました。家畜の飼料には高濃度のリン酸イオン、アンモニウムイオン、マグネシウムイオン、カルシウムイオンなどが含まれていますが、これらの物質は糞尿とともに排出され、施設のトラブルを引き起こす原因になります。そこで微生物を利用したリン除去の前の技術としてMAP法が開発されました。たとえば、下水処理場で汚泥を脱水した後の水のように高濃度のリンを含有する水はそのまま放流できず、リンを完全に除去する必要があります。そのときにMAP法は、極めて有効な手段といえます。

回収したリンは肥料として活用

MAP法の反応の原理は、過飽和溶液中にその物質の種を入れると表面に結晶が析出して成長する原理に基づいています。具体的には、リン酸を含む排水にリン酸イオン、アンモニウムイオン、マグネシウムイオン及び種晶を入れてpHをアルカリに調整します。すると排水中のリンはリン酸マグネシウムアンモニウムの結晶として成長するためこれを回収することができ、生成物はリン酸40%、アンモニア7%、マグネシウム10%を含む肥料として利用できます。MAP法は、造粒現象によって水中のリン酸イオンを除去するため微小結晶の析出を制御でき、また凝集沈殿法のように沈殿汚泥を発生することもなくリン除去ができる点で画期的な方法といえます。

下水処理場でのリン処理に使われるMAP法

用語解説

過飽和溶液

ある物質がある条件下で、溶液中に飽和溶解度以上に溶解している状態。

CHECK
POINT!

  • リンの効果的な回収・利用システムを目指して登場したのがMAP法です。
  • 回収したリンは、肥料として再利用できます。

出典:よくわかる水処理技術(株式会社日本実業出版社発行)

このページを見ている方へのおすすめコンテンツ

バックナンバー

ユーザー登録のメリットユーザー登録のメリット

他の製品を見る

規格型水処理装置

水処理薬品

設備診断をしてみませんか設備診断をしてみませんか

御社のお悩みを解決する最善の方法をご提案いたします。お気軽にお申し込みください

気になる水処理設備を3つの視点で 診断します

  • 環境負荷軽減 環境負荷
    軽減

  • 管理負担軽減 管理負担
    軽減

  • コスト削減 コスト
    削減

メーカーに関わらず診断いたします

はじめてKCRセンターに来られた方へ「はじめてKCRセンターに来られた方へ」

企業の水処理のご相談を受け付けているクリタのサイトです。お悩み解決をサポートします

お問い合わせ・ご相談は下記までお気軽にご相談ください。
ご相談受付ダイヤル 相談無料0120-40-7474

受付時間 9:30〜17:00(土・日・祝日を除く)

栗田工業株式会社KCRセンターは栗田工業の
「水処理ご相談窓口」です

ご相談受付ダイヤル

相談無料0120
40-7474

受付時間 9:30~17:00
(土・日・祝日を除く)

WEBで相談する

カタログ請求