KCRセンターは栗田工業の「水処理ご相談窓口」です

自然水の循環

企業の水処理問題をトータルで解決!

「水」のプロが応える
水処理相談サイト

栗田工業株式会社

相談ダイヤル

メニュー

水処理教室

水処理教室

超純水製造から排水・汚泥処理まで水処理技術をレクチャーします

No.1水処理の基本

自然水の循環
KCRセンター坂倉徹
【解説者】

栗田工業株式会社KCRセンター

坂倉徹

栗田工業/KCRセンターの坂倉です。№1の水処理教室では、「自然水の循環」についてお話いたします。現在、日本の水道水量は、平成15年で155億m3(東京ドーム12,500杯分)という膨大な量にのぼりますが、もし仮に水を多量に使ったとしても、なくなることはありません。その大自然のメカニズムを分かりやすく解説いたします。

KCRセンター坂倉徹
【解説者】
  • 栗田工業株式会社
  • KCRセンター
  • 坂倉徹

解説

水は、わたしたちの生活や産業に欠くことのできない重要な資源です。

日本では、安く、絶えることなく水が供給されています。水道管からきれいな水が出てくることを、わたしたちは当然と思っていますが、地球上の他の地域、たとえば乾燥地帯などと比べてみるととても恵まれています。渓流や、井戸水を使う場合もありますが、日本人の約96%は飲料水をはじめ風呂や洗濯などの水を水道や簡易水道に頼っています。日本の水道水量は、平成15年度で155億m3(東京ドーム12,500杯分)という膨大な量にのぼります。ただし、どんなに多量に使ったとしても水がなくなることはありません。なぜなら、人間が使った水は排出されて自然界に戻り、循環するからです。地上に降った雨が河川に集まって海に流れ出し、太陽熱で蒸発して雲となり、再び降雨となる水の循環系に取り込まれるからです。水が循環する間に一部の水系は地下水となり、他の水系は短時間で地表に湧き出し、さらにある水系は長い年月を経て地上に現れます。つまり、水は形を変えて地球上のどこかにあり続けるのです。

自然水の循環

どうしても必要な水の再利用技術

日本の年間降雨量は、1,800mmと多いほうです。しかし、降雨の時期が集中しているうえに、国土が狭くて河川が短いため、空から供給される水の1/3はあっという間に海に流れ出し、残りの1/3は蒸発してしまい、有効に使うことができるのは全降雨量の1/3といわれています。

一見、水質源に恵まれているように思える日本の水事情は、実はそれほど潤沢とはいえません。ですから、水道水をムダなく使うことはいうまでもなく、一度使った水でも安全な状態にして再利用する必要があります。そこで今後紹介するような高度な水処理技術が求められているのです。

用語解説

簡易水道

水道の供給の中で、給水人口が100人を越え、5,000人以下の水道事業をいう。

CHECK
POINT!

  • 産業や家庭で使用する水は自然界から取水し、利用後はきれいに処理して自然に還すことで、自然と人間の調和が保たれています。
  • 日本の年間降雨量は、1,800mmと多いほうですが、有効に使うことができるのは全降雨量の1/3しかありません。

出典:よくわかる水処理技術(株式会社日本実業出版社発行)

お問い合わせ・ご相談は下記までお気軽にご相談ください。
ご相談受付ダイヤル 相談無料0120-40-7474

受付時間 9:30〜17:00(土・日・祝日を除く)

バックナンバー

ユーザー登録のメリットユーザー登録のメリット

他の製品を見る

規格型水処理装置

水処理薬品

設備診断をしてみませんか設備診断をしてみませんか

御社のお悩みを解決する最善の方法をご提案いたします。お気軽にお申し込みください

気になる水処理設備を3つの視点で 診断します

  • 環境負荷軽減 環境負荷
    軽減

  • 管理負担軽減 管理負担
    軽減

  • コスト削減 コスト
    削減

メーカーに関わらず診断いたします

はじめてKCRセンターに来られた方へ「はじめてKCRセンターに来られた方へ」

企業の水処理のご相談を受け付けているクリタのサイトです。お悩み解決をサポートします

栗田工業株式会社KCRセンターは栗田工業の
「水処理ご相談窓口」です

ご相談受付ダイヤル

相談無料0120
40-7474

受付時間 9:30~17:00
(土・日・祝日を除く)

WEBで相談する

カタログ請求