2014年04月30日 水処理ニュース

東南アジア向けに規格型水処理装置の出荷を開始

栗田工業の中国における水処理装置事業の子会社「栗田工業(蘇州)水処理有限公司」は東南アジア向けに規格型水処理装置の出荷を開始しました。 規格型水処理装置は、あらかじめ仕様や図面などを規格化した水処理装置で、設計・工事期間の短縮とともにコスト低減を実現する製品です。栗田工業(蘇州)水処理有限公司では、栗田工業および各国事業会社との連携を強化し、規格型水処理装置及びスキッド化・モジュール化した製品の出荷を東南アジア地域をはじめ各国に拡大していく予定です。

ログイン・ユーザー登録

基礎学習動画の閲覧や製品カタログのダウンロードを
ご希望の方は、ログインまたはユーザー登録を行ってください。

WEBからのお問い合わせ

水処理に関するご相談やKCRセンターに関する
ご質問など、こちらからお気軽にお寄せください。