KCRセンターは栗田工業の「水処理ご相談窓口」です

アンモニア排水を処理する技術(LOPAS・触媒分解装置)

企業の水処理問題をトータルで解決!

「水」のプロが応える
水処理相談サイト

栗田工業株式会社

メニュー

水処理製品・水処理技術情報

商品・サービス

クリタがお薦めする商品・サービスの情報をお届けします

装置の新設・更新安定運転

排水処理技術紹介

非定常アンモニア排水処理技術「LOPAS法」

処理効率が高い可搬式アンモニア処理システム
設備の洗浄排水などの非定常排水の処理に最適です

非定常アンモニア排水処理技術LOPAS法

このような問題でお悩みの企業様に最適です

  • 設備の洗浄廃水を処理したい
  • アンモニアガスタンク残留液を処理したい
  • その他の非定常アンモニア排水を処理したい
  • 非定常アンモニア排水処理コストを削減したい

従来の非定常アンモニア排水処理の課題

従来法(塩素酸化法)は処理コストが高額になる点や
処理過程で有害ガス・難分解性物質が生じる点が課題でした

従来、非定常アンモニア排水の処理には、大規模な設備が不要な塩素酸化法(不連続点塩素処理法)が一般的でした。しかし、塩素酸化法は排水のアンモニア濃度が高い場合の処理コストが高いこと、揮発性クロラミンや塩素ガスなどの有害ガスが発生する恐れがあること、難分解性の窒素化合物を生成することなどの問題がありました。

LOPAS法とは

ストリッピング装置と触媒分解装置からなる
可搬式アンモニア含有排水処理システムです

低圧ストリッピング装置(LOPAS法:Low Pressure Ammonia Stripping)と触媒分解装置からなる可搬式アンモニア排水処理システムで、pHを11~12に調整した排水を、内部を分割されたスプレー槽内に低圧で順次スプレーするとともに、スプレー槽内を一過式に流れる空気と気液接触させることにより、効率の良いストリッピング効果を得ることが可能です。

※本システムで使用している低圧ストリッピング技術は、中国電力株式会社様と栗田エンジニアリング株式会社の共同開発特許です。

LOPAS法の特長

特長1
可搬式で非定常排水の処理に最適です

設備はトラックに載せて移動可能であり、必要な時だけ設備を設置し、排水を処理して引き揚げることができます。そのため、プラントの非定常排水や、設備の洗浄排水、アンモニアガスタンクの残留液化アンモニア及びアンモニアガス処理など、非定常時の排水処理に最適です。

特長2
高効率なストリッピング処理が可能です

ストリッピング槽内にいくつものスプレーを直列に並べる「多段スプレー方式」と、水と空気を逆方向から接触させる「向流式」の採用により、排水と空気の接触面が増え、従来のストリッピング法に比べ、処理を高効率化。常温~50℃程度での処理も可能になりました。

特長3
エネルギーを回収して省エネに貢献します

アンモニアを触媒で燃焼する際に発生する熱を回収・再利用することで、触媒の反応に必要な温度保持にかかる熱量を削減することができます。さらに、従来のストリッピング法に比べ低温での処理が可能となるため、アンモニア排水処理の省エネルギー化を実現しています。

適用事例

LOPAS法の適用事例をご紹介します

  排水処理事例 ガス処理事例
処理対象 ボイラ炉内及び煙道水洗排水
排水量:400m3
全窒素濃度:8,910~18,800mg/L
アンモニアガスタンク
タンク容量:289m3×2基
処理水質 全窒素濃度:55mg/L(目標値60mg/L) 各機器のアンモニアガス濃度:25ppm以下
処理工程 18日間 14日間

無料ユーザー登録の
3つのメリット

お問い合わせ・ご相談は下記までお気軽にご相談ください。

設備診断を
してみませんか?

メーカーに関わらず、
気になる水処理設備を3つの視点で診断します

  • コスト削減 コスト
    削減

  • 管理負担軽減 管理負担
    軽減

  • 環境負荷軽減 環境負荷
    軽減

設備診断はこちら

はじめての方へ

KCRセンターは企業の水処理のご相談を受け付けているクリタのサイトです。お悩み解決をサポートします。

栗田工業株式会社KCRセンターは栗田工業の
「水処理ご相談窓口」です