KCRセンターは栗田工業の「水処理ご相談窓口」です

バイオセーバーTKで排水処理の省エネ・創エネ化

企業の水処理問題をトータルで解決!

「水」のプロが応える
水処理相談サイト

栗田工業株式会社

メニュー

水処理製品・水処理技術情報

商品・サービス

クリタがお薦めする製品・サービスの情報をお届けします

省エネ経費の削減

排水処理技術紹介

嫌気処理の適用範囲を拡大「嫌気性生物処理装置 バイオセーバーTK」

有機性排水からバイオガスを回収・再利用
従来は適用できなかった低濃度・単一組成の排水にも適用可能

低濃度にも対応可能な嫌気処理装置バイオセーバーTK

このような問題でお悩みの企業様に最適です

  • 曝気ブロワの動力費を削減したい
  • 汚泥処分費用を削減したい
  • バイオガスを回収し、再利用したい
  • 嫌気処理は適用範囲が狭いと思っている

嫌気性生物処理とは

嫌気性微生物の働きで有機物を効率的に処理
また、処理過程で発生するバイオガスは回収・再利用できます

嫌気性生物処理は酸素のない(嫌気)条件下で活動する微生物の働きで、有機物をバイオガスとCO2に分解する生物処理方法です。

原水中の糖やタンパク等の高分子有機物は、酸生成菌によって単糖類・有機酸・アミノ酸などの低分子化合物に分解され、低分子化合物はメタン生成菌によって最終的にはバイオガスとCO2に分解されます。この処理過程で発生したバイオガスはボイラの熱源等に再利用することができます。

嫌気性生物処理の特長

同量の有機物を処理する場合、好気性生物処理に比べて
「省エネ」「省廃棄物」「創エネ」などのメリットがあります

特長1
曝気槽のブロワ動力が1/2になります(省エネ)

曝気の不要な嫌気性生物処理で有機物の大部分を除去することで、後段の好気性生物処理の有機物負荷が減り、ブロワを小型化することができます。

特長2
バイオガスを回収・再利用できます(創エネ)

嫌気性生物処理は有機物分解の最終生成物としてバイオガスを発生させます。 発生したメタンガスはボイラや発電機の燃料などに再利用することができます。

特長3
余剰汚泥発生量を1/3~1/5に削減できます(省廃棄物)

嫌気性微生物は、同じ量の有機物を分解したときに増殖する微生物の数が好気性微生物に比べ少なくなります。そのため、好気性生物処理に 比べて発生する余剰汚泥量が少なくなります。

しかし、メリットの多い嫌気性生物処理には課題が…

低濃度の排水や単一組成の排水には適用できない場合がありました

省エネ・創エネ、省廃棄物、省スペースなどのメリットが多い嫌気性生物処理法ですが、従来は有機物濃度の低い排水やエタノールなどの単一組成の排水ではグラニュール(糸状性メタン生成菌が形成した顆粒)の安定維持が困難でした。

バイオセーバーTKのここがポイント

適用範囲をCODcr濃度500mg/Lまで拡大
エタノール等の単一組成の排水にも適用可能です

バイオセーバーTKは担体に嫌気性微生物を保持することで、有機物濃度の低い排水や、エタノールなどの単一組成の排水も安定して処理することができるようになり、幅広い業種・排水に嫌気性生物処理を適用することができるようになりました。

導入効果

動力費を約40%、産廃費を約70%削減することができました

無料ユーザー登録の
3つのメリット

お問い合わせ・ご相談は下記までお気軽にご相談ください。

設備診断を
してみませんか?

メーカーに関わらず、
気になる水処理設備を3つの視点で診断します

  • コスト削減 コスト
    削減

  • 管理負担軽減 管理負担
    軽減

  • 環境負荷軽減 環境負荷
    軽減

設備診断はこちら

はじめての方へ

KCRセンターは企業の水処理のご相談を受け付けているクリタのサイトです。お悩み解決をサポートします。

栗田工業株式会社KCRセンターは栗田工業の
「水処理ご相談窓口」です