No.066

酸化・還元反応の基本的な意味

一般事項

「酸化・還元反応の基本的な意味」についてお話いたします。水処理では、さまざまな物質を除去するために酸化剤や還元剤を投入して酸化・還元反応を起こします。たとえば、C(炭素)とO2でCO2(二酸化炭素)ができるなどの反応が代表例です。ここでは、その酸化・還元反応について解説いたします。


KCRセンター池上徹

解説者

栗田工業株式会社

池上徹

解説

水処理において、クロムやシアンなどを除去するために、酸化・還元反応が使われます。この酸化・還元反応をここで簡単に紹介します。一般的に酸化とは、酸素によって起こる物質の反応のことをいいます。たとえば、C(炭素)とO2(酸素)とが反応してCO2(二酸化炭素)を生じる反応などがそれに相当します。また、有機物が燃焼するとCO2とH2O(水)が生じますが、この反応も酸化反応です。好気性微生物が働いて有機物をCO2とH2Oに分解する場合も、やはり酸化といいます。このように酸化は自然界において、有機化学的に限らず、無機化学的にも、いろいろな形で発生しています。

酸素あるいは電子の受け渡しが酸化・還元反応

酸化反応は、一般的に可逆的であることが多く、酸化と逆の反応を還元といい、両者を一体にして酸化・還元反応といいます。酸化・還元反応が進行している場合、一方には必ず酸化される物質(被酸化物)があり、片方には還元される物質が存在します。O2は酸化剤の代表的なものです。ただし、酸素以外にも酸化剤はあり、また酸化剤がなくても酸化・還元反応は進行します。酸化・還元を大別すると以下の2種に分けることができます。
(1)狭義の酸化・還元とは、O2、Cl2、Br2などの酸化剤が一方にあって、他方にH2や金属などの還元性物質があって起こる反応(塩素消毒や過マンガン酸カリウムによる酸化などによる酸化反応)をいいます。
(2)広義の酸化・還元とは、ある物質が所有している電子を失うこと(酸化)と、他の物質がその電子を受け取ること(還元)をいいます。なお、酸化・還元反応の様子は、pH計やORP計によって監視されます。これらは測定する対象が異なり、前者は水中の水素イオン濃度を測定しますが、後者は酸化・還元に関係するすべてのイオンが対象となります。

酸化還元の測定法

用語解説

可逆的

化学反応が一方的でなく逆方向の反応もある状態。たとえば酸化されたものが還元され、もとの物質に戻ることもできる。

CHECK POINT!

  • 酸化とは、酸素によって起こる物質の反応をいいます。
  • 電子の受け(還元)、渡し(酸化)も酸化・還元反応といいます。

出典:よくわかる水処理技術(株式会社日本実業出版社発行)

水処理教室バックナンバー

同じカテゴリの記事をご覧いただけます。

  • No.067 一般事項

    水処理で使用される微量な単位

    「水処理で使用される微量の単位」についてお話いたします。水処理では、ごく微量の化学物質を処理対象とするため、それを表す単位が用いられています。一般的に知られている単位のppmは、part per millionの略で100万分の1を表しています。その他、水処理でよく使われる単位について解説いたします。

  • No.065 一般事項

    水処理技術のキーワード「懸濁物質(SS)」

    「懸濁物質」についてお話いたします。水中に浮遊・分散する粒の大きさが1μm(0.001mm)~2mmの物質を懸濁物質(SS)、または浮遊物質といいます。懸濁物質は水1リットルあたりに含まれる重量(mg/L)で表します。今回はその測定方法などについて解説いたします。

  • No.064 一般事項

    水処理技術のキーワード「COD」

    「化学的酸素要求量」についてお話いたします。水中の有機物などを酸化剤で分解する時に消費される酸素量を表した数値が化学的酸素要求量(COD)です。主に湖沼や海域の汚濁状況の確認や、排水中の水質検査などに使われています。その測定方法やBODとの違いなどについて解説いたします。

  • No.063 一般事項

    水処理技術のキーワード「BOD」

    「生物化学的酸素要求量」について説明いたします。水中の有機物質を好気性微生物が分解する時に、水1リットルあたり何mgの酸素が必要なのかを表した数値が生物化学的酸素要求量(BOD)です。主に河川の水質を表す指標として古くから使われてきました。その測定方法などについて解説いたします。

  • No.062 一般事項

    水処理技術のキーワード「溶存酸素」

    「溶存酸素」についてお話いたします。溶存酸素はDO(Dissolved Oxygen)とも呼ばれる水中の酸素濃度を表す指標です。今回はその概要と測定方法について解説いたします。

  • No.010 一般事項

    水道水をつくるための水処理

    「水道水をつくるための水処理」についてお話いたします。水道水の取水源は川の表流水、伏流水、地下水です。こうした取水源の水質は年々悪化しており、浄水場では高度な水処理技術が必要になっています。今回は、安心安全な水道水をつくるための水処理技術について解説いたします。

ログイン・ユーザー登録

基礎学習動画の閲覧や製品カタログのダウンロードを
ご希望の方は、ログインまたはユーザー登録を行ってください。

WEBからのお問い合わせ

水処理に関するご相談やKCRセンターに関する
ご質問など、こちらからお気軽にお寄せください。