No.021

CaF2を効率的に回収する装置

排水 汚泥処理 凝集分離

「半導体工場などでCaF2を効率的に回収する装置」についてお話いたします。半導体工場では、製造工程でフッ素化合物を含む溶液が多く使用されています。この排水を処理する時に大量の汚泥が排出されています。その汚泥を削減すると同時に、フッ素を再利用する装置について解説いたします。


KCRセンター小川晋平

解説者

栗田工業株式会社

小川晋平

解説

半導体工場では、その製造工程でフッ素化合物を含む溶液が洗浄用に多く使用されています。こうした排水は前回紹介したように、水酸化カルシウム塩などを用いた凝集沈殿法によって処理されていますが、その時に大量の汚泥、産業廃棄物を排出するという問題がありました。そこでこの汚泥を大幅に削減すると同時に、有用な資源であるフッ素を再利用する技術として、CaF2回収装置が開発されました。粒状の炭酸カルシウムとフッ素を含んだ排水とが反応することを利用して粒状のフッ化カルシウムにする方法です。具体的には、炭酸カルシウムを充填した反応塔に原水を通液すると、フッ素は炭酸イオンと置換反応し、CaF2として除去されます。この反応は、炭酸カルシウム粒子表面から層状に内部へと進行し、反応前の大きさ、形をかえずに粒子がすべてフッ化カルシウムとなります。

3塔構成でムダなくフッ素を回収

排水は、循環槽から粒状の炭酸カルシウム(CaCO3)を充填した反応槽を通りますが、一般的に反応槽は3塔設置されています。この場合、通水によってフッ化カルシウムにほぼ完全に置換した1塔目の充填物を抜き出し、新たに炭酸カルシウムを充填します。そして今度はこれを3塔目にします。つまり入れ替えたのちの通水は、入れ替え前の2塔目が1塔目、3塔目が2塔目の順になり、常に新しい炭酸カルシウム充填塔が最後段にくるため処理水の水質がよくなり、なおかつ最前段で回収されるフッ化カルシウムの純度も高くなるように工夫されています。こうして生成したフッ化カルシウムは、洗浄水で付着液を洗浄した後に抜き出します。このフッ化カルシウムは粒状であるため、水切りを行うだけで含水率は15%程度と極めて低く、凝集沈殿処理の場合に必要な汚泥の脱水が不要となり、従来に比べ汚泥発生量は約3分の1になります。

フッ素回収装置のしくみとメリット

用語解説

循環槽

繰り返し使用される液体を貯留する水槽のこと。

CHECK POINT!

  • フッ素処理の汚泥を削減して、資源の再利用を図るのがCaF2回収装置です。
  • 3塔構成の反応槽で、フッ素をムダなく回収します。

出典:よくわかる水処理技術(株式会社日本実業出版社発行)

水処理教室バックナンバー

同じカテゴリの記事をご覧いただけます。

  • No.061 排水 凝集分離

    難分解性シアン錯塩の凝集処理

    「ウェルクリン C‐200」を使用したシアンの処理方法についてお話いたします。シアン(CN)を含む排水は、メッキ工程から排出される排水と、鉄鋼工場のコークス製造排水に代表される炉内の化学反応で合成される排水の2種類に大別されます。前者はシアン化ナトリウム及び、鉄・亜鉛・ニッケル・銅・金・銀などの金属シアノ錯体が含まれ、後者は有機物や反応中間体を含みます。これら、幅広いシアン化合物を処理することが可能な「ウェルクリン C‐200」を使用したシアンの処理方法について解説いたします。

  • No.060 排水 凝集分離 排水その他

    置換法による重金属錯体の処理

    「置換法による重金属錯体の処理」についてお話いたします。排水中に含まれる重金属が他の種類の化合物と結合している状態を錯体といいます。その錯体の中でもキレートという安定した形を形成している場合は置換法を用います。その置換法や、その他の処理方法について解説いたします。

  • No.059 排水 凝集分離

    懸濁物質を沈降させて集める沈殿処理装置

    「沈殿処理装置」についてお話いたします。凝集処理を施し、粗大化した懸濁物質のうち、比重の大きなものは沈降させ固液分離します。この固液分離を効率化するため、沈降処理装置にはいろいろな種類があります。それぞれの仕組みを解説いたします。

  • No.058 排水 生物処理

    沈殿槽を省いた生物膜式活性汚泥法

    「生物膜式活性汚泥法」についてお話いたします。生物膜式活性汚泥法は、充填材に微生物を付着させる処理方法です。沈殿槽の小型化、もしくは省略により、排水処理設備の省スペース化が可能です。この方法には固定床方式と流動床方式があります。それぞれのしくみを解説いたします。

  • No.057 排水 生物処理

    生物処理とは

    「生物処理」についてお話いたします。排水に含まれる有機物を微生物に分解させる方法を生物処理といいます。微生物は酸素が必要な好気性微生物と、酸素を必要としない嫌気性微生物に大きく分かれます。それぞれの微生物が有機物を分解するメカニズムについて解説いたします。

  • No.056 排水 排水その他

    汚染物質に応じた排水処理方法の選択

    「汚染物質に応じた排水処理方法」についてお話いたします。工場排水には油分や有機物、アンモニア、有害金属など、さまざまな汚染物質が含まれているため、複数の方法を組み合わせて処理することが必要になります。今回は汚染物質に応じた処理方法の概要について解説いたします。

ログイン・ユーザー登録

基礎学習動画の閲覧や製品カタログのダウンロードを
ご希望の方は、ログインまたはユーザー登録を行ってください。

WEBからのお問い合わせ

水処理に関するご相談やKCRセンターに関する
ご質問など、こちらからお気軽にお寄せください。