No.017

高度な処理水が得られる膜分離式活性汚泥法

排水 生物処理

「膜分離式活性汚泥法」についてお話いたします。活性汚泥法の沈殿槽は曝気槽の汚泥混合液からSS(懸濁物質)を沈降分離し、上澄み液を得るしくみです。しかし、沈降が悪いと処理水に多量のSSが混入する場合があります。その対策として開発された膜分離式活性汚泥法について解説いたします。


KCRセンター小川晋平

解説者

栗田工業株式会社

小川晋平

解説

活性汚泥法の沈殿槽は、曝気槽の汚泥混合液からSS(懸濁物質、この場合の多くは汚泥)を沈降分離し、SSの少ない上澄み液(処理水)を得ることを目的としています。しかし汚泥混合液中のSSの沈降性が悪いと、沈殿槽で固液分離が不十分となり、処理水に多量のSSが混入するバルキングと呼ばれる現象が生じることがあります。そこで曝気槽内や曝気槽と連結している槽内に、孔径0.1~0.4μmのMF(精密ろ過)膜を設置してろ過する膜分離方法が登場しました。ここで使うMF膜には、薄い布状の膜を表と裏に2枚貼り合わせて袋状とした平膜と、外径が約1mm、内径が約0.6mmの中空糸膜があり、数十から数百枚(数百から数千本)の膜を組み合わせて膜ユニットとしています。そしてこの膜ユニットを曝気槽や膜分離槽に設置して、ユニット下部からポンプで吸引することで処理水を得ています。

膜分離式活性汚泥法のしくみ

高品質の処理水が得られる

膜分離式活性汚泥法による処理水は、膜面が裂けたり、多数の中空糸が切断するなどのトラブルを生じない限り、SSがなく大部分の大腸菌や一般細菌まで除去された高度な水質が得られます。また分子量の大きな色度成分や粘性物質なども少ないことから、処理水の回収再利用も可能となります。さらに沈殿槽が不要となるため、設備の設置面積も少なくなるなどメリットの多い処理方法と言えます。ただし長時間運転していると、膜表面に生物膜や未分解の粘性物質、流入SSなどが付着して開口部がふさがれてしまいます。そして閉塞が進むとろ過抵抗が高まり、処理水が得られなくなるため、定期的に膜ユニットをアルカリや次亜塩素酸ソーダなどで洗浄する必要があります。この場合、膜の処理水側から薬剤を膜の内側へ注入する方法や、膜分離槽内へ薬剤を投入して膜ユニットを薬剤に浸漬する方法が採用されています。

CHECK POINT!

  • 沈降性の悪い汚泥には、MF膜でろ過する膜分離方法が用いられます。
  • 膜分離式活性汚泥法は、沈殿槽が不要となる上に高品質な処理水が得られます。

出典:よくわかる水処理技術(株式会社日本実業出版社発行)

水処理教室バックナンバー

同じカテゴリの記事をご覧いただけます。

  • No.061 排水 凝集分離

    難分解性シアン錯塩の凝集処理

    「ウェルクリン C‐200」を使用したシアンの処理方法についてお話いたします。シアン(CN)を含む排水は、メッキ工程から排出される排水と、鉄鋼工場のコークス製造排水に代表される炉内の化学反応で合成される排水の2種類に大別されます。前者はシアン化ナトリウム及び、鉄・亜鉛・ニッケル・銅・金・銀などの金属シアノ錯体が含まれ、後者は有機物や反応中間体を含みます。これら、幅広いシアン化合物を処理することが可能な「ウェルクリン C‐200」を使用したシアンの処理方法について解説いたします。

  • No.060 排水 凝集分離 排水その他

    置換法による重金属錯体の処理

    「置換法による重金属錯体の処理」についてお話いたします。排水中に含まれる重金属が他の種類の化合物と結合している状態を錯体といいます。その錯体の中でもキレートという安定した形を形成している場合は置換法を用います。その置換法や、その他の処理方法について解説いたします。

  • No.059 排水 凝集分離

    懸濁物質を沈降させて集める沈殿処理装置

    「沈殿処理装置」についてお話いたします。凝集処理を施し、粗大化した懸濁物質のうち、比重の大きなものは沈降させ固液分離します。この固液分離を効率化するため、沈降処理装置にはいろいろな種類があります。それぞれの仕組みを解説いたします。

  • No.058 排水 生物処理

    沈殿槽を省いた生物膜式活性汚泥法

    「生物膜式活性汚泥法」についてお話いたします。生物膜式活性汚泥法は、充填材に微生物を付着させる処理方法です。沈殿槽の小型化、もしくは省略により、排水処理設備の省スペース化が可能です。この方法には固定床方式と流動床方式があります。それぞれのしくみを解説いたします。

  • No.057 排水 生物処理

    生物処理とは

    「生物処理」についてお話いたします。排水に含まれる有機物を微生物に分解させる方法を生物処理といいます。微生物は酸素が必要な好気性微生物と、酸素を必要としない嫌気性微生物に大きく分かれます。それぞれの微生物が有機物を分解するメカニズムについて解説いたします。

  • No.056 排水 排水その他

    汚染物質に応じた排水処理方法の選択

    「汚染物質に応じた排水処理方法」についてお話いたします。工場排水には油分や有機物、アンモニア、有害金属など、さまざまな汚染物質が含まれているため、複数の方法を組み合わせて処理することが必要になります。今回は汚染物質に応じた処理方法の概要について解説いたします。

ログイン・ユーザー登録

基礎学習動画の閲覧や製品カタログのダウンロードを
ご希望の方は、ログインまたはユーザー登録を行ってください。

WEBからのお問い合わせ

水処理に関するご相談やKCRセンターに関する
ご質問など、こちらからお気軽にお寄せください。