相談事例 No.8

純水加温に使う、蒸気の使用量を削減したい

用水・純水 純水・超純水

ご相談内容

純水の加温に使用している蒸気量を削減したいです

当工場では18℃の純水を40℃まで昇温して、製造工程で使用しているのですが、昇温するための燃料コストが課題となっています。

蒸気使用量を削減できる良い方法はありませんか?

業種 電機部品製造業
設備 純水製造設備
水量 約15m3/h
純水温度 18℃

KCRセンターからの解決策

排水に含まれる熱を利用するのはいかがでしょう

このたびはKCRセンターにご相談いただき、ありがとうございます。

蒸気使用量を削減するためには、蒸気に代わる熱源を探す必要があります。

たとえば、製造工程などから温排水は排出されていないでしょうか?もし、排出されているのであれば、熱交換器で排熱を回収することができます。

まずは、貴社工場の熱利用と、排熱の状況を詳しく教えていただけないでしょうか。頂いた情報をもとに、熱の回収フローをご提案します。

温排水回収による省エネ

ご相談いただいた結果

重油使用量を1年間で約10万L削減することができました

その後、お客様工場における熱利用・排熱の状況を調査した結果、純水装置の近傍に温排水が流れる配管があることが分かったため、温排水に含まれる熱を純水のプレ加温に利用することをご提案。

お客様にご採用いただいた結果、1年間で約10万Lの重油使用量を削減することができました。

ログイン・ユーザー登録

基礎学習動画の閲覧や製品カタログのダウンロードを
ご希望の方は、ログインまたはユーザー登録を行ってください。

WEBからのお問い合わせ

水処理に関するご相談やKCRセンターに関する
ご質問など、こちらからお気軽にお寄せください。