RO膜で純水装置を効率化『大型再生式純水装置の運転経費削減提案』

用水・純水 純水・超純水
RO膜でイオン交換樹脂の再生頻度を低減する大型再生式純水装置の運転経費削減提案

このような問題でお悩みの企業様に最適です

  • 再生用薬品使用量を削減したい
  • 薬品加温用の蒸気使用量を削減したい
  • 再生廃液量を削減したい
  • 純水装置のメンテナンスが大変

薬品再生式純水装置の課題

原水のイオン濃度が高いと、イオン交換樹脂の再生頻度が多くなります

RO膜装置を併用すると

供給水中のイオン濃度が下がり、薬品再生の頻度が減ります

RO膜[逆浸透膜]装置で、水中のイオンを除去。純水装置に供給されるイオン量が少なくなります。これにより、純水装置の再生頻度が少なくなります。

再生頻度が減ることで

薬品使用量・蒸気使用量・再生廃液量が減ります

純水装置の薬品再生頻度が減ることで、薬品使用量だけでなく、薬品の加温に用いる蒸気使用量・再生廃液量も削減することができます。

導入効果

純水装置の運転コストを最大約30%削減することができます

ログイン・ユーザー登録

基礎学習動画の閲覧や製品カタログのダウンロードを
ご希望の方は、ログインまたはユーザー登録を行ってください。

WEBからのお問い合わせ

水処理に関するご相談やKCRセンターに関する
ご質問など、こちらからお気軽にお寄せください。