KCRセンターは栗田工業の「水処理ご相談窓口」です

メールニュースvol.121

企業の水処理問題をトータルで解決!

「水」のプロが応える
水処理相談サイト

栗田工業株式会社

メニュー

メールニュース

メールニュース

水に関する情報満載のメールニュースをKCRユーザー様に定期的にお届けいたします。

メールニュース 第121号汚泥処分コスト、炭酸ガスをまとめて削減しませんか?

【1】汚泥処分コスト、炭酸ガスをまとめて削減しませんか?
【2】国際水ソリューション総合展、InterAqua 2019に出展します!
【3】水処理関連ニュース:環境省が、平成30年度「東京湾環境一斉調査の水質結果概要」を公表
【4】次号のお知らせ:水処理見直しで業務削減、他の仕事に注力

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

        ★クリタ・KCRメールニュース★ Vol.121
             2018年12月12日発行

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

栗田工業のKCRメールニュースです。             

いつもご愛読いただき、誠にありがとうございます。 

==≪もくじ≫==========================

【1】汚泥処分コスト、炭酸ガスをまとめて削減しませんか?
  ==> 相談事例No.27 汚泥・炭酸ガス排出量を減らしたい
【2】国際水ソリューション総合展、InterAqua 2019に出展します!
【3】水処理関連ニュース
 (1)環境省が平成30年度東京湾環境一斉調査の水質結果概要を公表
【4】次号のお知らせ:水処理見直しで業務削減、他の仕事に注力

=================================
─────────────────────────────────
・───────────────────────────────・
【1】汚泥処分コスト、炭酸ガスをまとめて削減しませんか?
・───────────────────────────────・
 地球温暖化防止対策のため、炭酸ガスの排出量を削減する目標設定
 制度を都道府県が推進しているのをご存知でしょうか。
 排水処理設備で使用中の薬品を見直すだけで、炭酸ガスだけでなく、
 汚泥量、薬品使用量、総コストの削減が可能となる弊社の商品、是
 非ご検討ください。

 

■汚泥・炭酸ガス排出量を削減できる解決策はこちらへ
  ==> 相談事例No.27 汚泥・炭酸ガス排出量を減らしたい

 

■ご相談はこちらのKCRセンターへ
  電話   : 0120-40-7474
  Webでのご相談はこちらへ

 

・───────────────────────────────・
【2】国際水ソリューション総合展、InterAqua 2019に出展します!
・───────────────────────────────・
 「水の最適化による究極の水循環型社会を目指して」をテーマに、
 『水の供給・改質・回収』ソリューションを紹介します。
 また純水供給サービスKWSS、薬注量自動最適化装置S.sensing CS
 の実機もご覧になれます。ぜひお越しください。
 
 KWSSはこちらへ     設備を買わずに純水を使う「KWSS」 
 S.sensing CSはこちらへ 排水処理での薬注量自動最適化装置「S.sensing CS」

 

 ・会場    :東京ビッグサイト東1ホール
 ・展示期間  :2019年1月30日(水)~2月1日(金)
 ・ブース番号 :1F-16
 ・セミナー日時:2019年1月31日(木)13:00~14:30
 ・同場所   :東1ホール内セミナーC会場
 ・公式サイト :https://www.interaqua.jp/water_solution.html

 

 ○セミナーお申込には展示会の事前来場登録が必要です。
  以下からお申し込みください。
  https://jcd-event.smktg.jp/public/application/add/402?lang=ja

 
・───────────────────────────────・   
【3】水処理関連ニュース
・───────────────────────────────・  
(1)環境省が平成30年度東京湾環境一斉調査の水質結果概要を公表
 環境省は、11回目となる東京湾海域及び陸域(河川等)における水質
 調査の結果概要を以下のように公表しました。

 

 1)調査日  :8月1日を基準日とした数日間
 2)参加団体 :国・自治体・研究機関、民間企業など156機関
 3)調査地点数:海域225地点、河川等375地点、計600地点
 4)調査概要
 ・溶存酸素量(DO):
  東京湾奥部広域の底層で、一般的な生物が生存するのに必要な
  3.0mg/Lを下回っていた。

 ・化学的酸素要求量(COD):

  東京湾では奥部が8mg/L以上と湾口よりも高かった。
  河川では江戸川、荒川流域が多摩川、鶴見川流域より高かった。

 

□詳しくはこちらへ(環境省ホームページ、報道発表資料へ)
  ==> http://www.env.go.jp/press/106159.html

 

・───────────────────────────────・
【4】次号のお知らせ
・───────────────────────────────・
 水処理システムを見直して業務量を削減し、空いた時間を他の仕事
 に振り向けることができた例についてご紹介する予定です。

 

  ~★次号をお楽しみに★~

 

□バックナンバーはこちら・・・
  ==> https://kcr.kurita.co.jp/mailnews/index.html
 ※ログイン用パスワードの初期設定はご登録の電話番号(ハイフ
  ンなし)です。
─────────────────────────────────
,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,
┌──┐
│\/│   皆さまの声をお聞かせください。
└──┘
KCRセンターへのご要望、メールニュースへのご希望・ご意見・ご
感想、水処理に関するご質問などをお待ちしております。
下記お問い合わせ窓口までお寄せください(本メールアドレスは送信
専用です)。

《お問い合わせ窓口》
電話   : 0120-40-7474
Webサイト: https://kcr.kurita.co.jp/ask

,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,
◇……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……◆
《発行》
栗田工業株式会社 KCRセンター
東京都中野区中野4丁目10番1号 中野セントラルパークイースト
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
皆さまからお預かりしている個人情報は、法令に基づき厳重に管理し
ます。なお当メールニュース配信およびKCRセンターからのご案内
に利用させていただきます。

◎メール配信停止
メールの配信停止は、「登録情報の変更」画面からお願いします。
https://kcr.kurita.co.jp/change/login
◆……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……◇


設備診断を
してみませんか?

メーカーに関わらず、
気になる水処理設備を3つの視点で診断します

  • コスト削減 コスト
    削減

  • 管理負担軽減 管理負担
    軽減

  • 環境負荷軽減 環境負荷
    軽減

設備診断はこちら

はじめての方へ

KCRセンターは企業の水処理のご相談を受け付けているクリタのサイトです。お悩み解決をサポートします。

栗田工業株式会社KCRセンターは栗田工業の
「水処理ご相談窓口」です