KCRセンターは栗田工業の「水処理ご相談窓口」です

メールニュースvol.73

企業の水処理問題をトータルで解決!

「水」のプロが応える
水処理相談サイト

栗田工業株式会社

メニュー

メールニュース

メールニュース

水に関する情報満載のメールニュースをKCRユーザー様に定期的にお届けいたします。

メールニュース 第73号特集:沈殿槽内監視センサー「クリソニック」のご紹介

【1】水関連ニュース
【2】特集:沈殿槽内監視センサー「クリソニック」のご紹介
【3】導入事例:有機凝結剤による無機凝集剤&汚泥発生量の削減
【4】ひとこと:最終処分場の残余年数
【5】次号のお知らせ

--------------------------------------------------------------------┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏ 。 ○       ★クリタ・KCRメールニュース★ Vol.73 ゜ ゜        ==> http://kcr.kurita.co.jp/ ゜ ┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛ このメールニュースは、MSゴシックなどの等幅フォントでご覧いただ くと見やすくなります。 栗田工業のクリタ・KCRメールニュースです。 日頃よりご愛読いただき、まことにありがとうございます。 ====≪CONTENTS≫========================================== 【1】水関連ニュース 【2】特集:沈殿槽内監視センサー「クリソニック」のご紹介 ■詳しくはこちらから ==> https://kcr.kurita.co.jp/tech/31.html 【3】導入事例:有機凝結剤による無機凝集剤&汚泥発生量の削減 ■詳しくはこちらから ==> https://kcr.kurita.co.jp/case/case17.html 【4】ひとこと:最終処分場の残余年数 【5】次号のお知らせ ================================================================== ┌──────────────────────────────── │・──────────────────────────────・ │ 【1】水関連ニュース │・──────────────────────────────・ │ ○平成24年度産業廃棄物の排出及び処理状況等が公表される │  │ 環境省は「産業廃棄物の排出及び処理状況等(平成24年度実績) │ について」を公表しました。調査結果によると、全国の産業廃棄 │ 物総排出量は約3億7,914万トンであり、前年に比べ約0.5%減少し │ ています。 │ │  ■詳しくはこちらから(環境省ホームページ) │  ==> http://www.env.go.jp/press/19022.html │ └──────────────────────────────── │・──────────────────────────────・ │ 【2】特集:沈殿槽内監視センサー「クリソニック」のご紹介 │・──────────────────────────────・ │ 「クリソニック」は、主に活性汚泥処理や凝集処理後の沈殿槽で │ 用いられる監視センサーで、沈殿槽内で起こる異常の早期感知、 │ トラブルの予防保全にご活用いただけます。自動洗浄機構を備え │ ているため日常的なメンテナンスは必要なく、常に高い計測・監 │ 視精度を維持することが可能です。本装置の特長や使用例を紹介 │ していますので、是非ご覧ください。 │  │ ■詳しくはこちらから │  ==> https://kcr.kurita.co.jp/tech/31.html │  └──────────────────────────────── │・──────────────────────────────・ │ 【3】導入事例:有機凝結剤による無機凝集剤&汚泥発生量の削減 │・──────────────────────────────・ │ 今回は、電子部品を生産されている株式会社福井村田製作所様の │ 事例を紹介します。排水処理工程において有機凝結剤を用いるこ │ とにより、安定した処理水質を維持しながら、無機凝集剤の使用 │ 量と汚泥発生量の削減を実現された事例です。 │ 是非ご覧ください。  │  │ ■詳しくはこちらから │  ==> https://kcr.kurita.co.jp/case/case17.html │ └──────────────────────────────── │・──────────────────────────────・ │ 【4】ひとこと:最終処分場の残余年数 │・──────────────────────────────・ │ 環境省の報告によると、平成23年度は 1,244万トンもの産業廃棄 │ 物が最終処分場に持ち込まれたそうです。一方、廃棄物を受け入 │ れることが出来る処分場の残存容量は18,606万m3であり、残余年 │ 数に換算すると14.9年となります(トンとm3の換算比を1として)。 │ 平成18年の残余年数が8.2年であったことを考えると、この5年間 │ 6.7年分も残余年数が延びたことになります。 大きな要因として │ は、年々産業廃棄物の再利用や減量化が進み、最終処分される廃 │ 棄物量が約43%も削減されたことが挙げられます。 │  └──────────────────────────────── │・──────────────────────────────・ │ 【5】次号のお知らせ │・──────────────────────────────・ │ 次号は特集として、Vol.64で取り上げた「ドリームポリマー」に │ ついて、更なる情報をお届けする予定です。 │ │  ~★次号もお楽しみに★~ │  │ ■バックナンバーはこちら・・・ │ ==> http://kcr.kurita.co.jp/mailnews/index.html │ ※ログイン用パスワードの初期設定はご登録の電話番号(ハイフ │  ンなし)です。 │  └──────────────────────────────── ,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:, ┌──┐ │\/│   ○o皆さんの声をお聞かせくださいo○ └──┘ KCR(Kurita Customer Relationship)センターや、メールニュース へのご意見・ご感想・水に関する疑問などをお待ちしております! 下記URLまでお寄せください ↓↓↓ https://kcr.kurita.co.jp/ask/input1.aspx ,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:, ◇……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……◆ 栗田工業株式会社 KCRセンター お問い合わせ窓口:電話 0120-40-7474 Webサイト    :http://kcr.kurita.co.jp 《発行》栗田工業株式会社 東京都中野区中野4丁目10番1号 中野セントラルパークイースト プラント事業本部 事業管理部 …─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─ 皆さまからお預かりしている個人情報は法令に基づき、厳重に管理す る一方、当メールマガジンの配信およびKCRセンターからのご案内 に利用させていただきます。 ◎メール配信停止 メールの配信停止は、「登録情報の変更」画面からお願いします。 http://kcr.kurita.co.jp (TOPページ右側メニューの青色ボタン) ◆……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……◇

設備診断を
してみませんか?

メーカーに関わらず、
気になる水処理設備を3つの視点で診断します

  • コスト削減 コスト
    削減

  • 管理負担軽減 管理負担
    軽減

  • 環境負荷軽減 環境負荷
    軽減

設備診断はこちら

はじめての方へ

KCRセンターは企業の水処理のご相談を受け付けているクリタのサイトです。お悩み解決をサポートします。

栗田工業株式会社KCRセンターは栗田工業の
「水処理ご相談窓口」です