従来のメンテナンス手法の違い

リアルタイムの運転状況を見える化することで「適正なメンテナンス」と「コスト削減に繋がる運転条件」をご提案します。

従来とK-ecoのメンテナンス手法の違い

従来の水処理装置管理手法
納入時点で安全率にもとづいてメンテナンス頻度や運転条件を設定するため、実際の運転状況に合わせて管理を行うことが困難

従来の水処理装置の管理手法では、給水水質など諸条件の変化によるトラブルを防止するため、納入時に安全率を考慮しメンテナンス頻度や運転条件を設定していました。そのため、納入当初に比べて実際の工場稼働状況や給水水質が大きく変化することがあっても、その時点での運転状況を正確に把握して、メンテナンス実施時期や運転条件の見直しを図ることは困難でした。

お客様が抱える問題

K-ecoメンテナンスサービスの水処理装置管理手法

リアルタイムの運転データをシンプルな指標で「見える化」することで、水処理装置の運転状況に合わせた適正な運転管理が可能

一方、K-ecoメンテナンスサービスでは、リアルタイムで収集した運転データと定期サンプリングによる水質分析結果を当社独自の特許技術で解析。「コンディションインデックス(指標)」というシンプルな指標で「見える化」し、お客様と共有します。これにより、お客様は水処理装置の運転状況に合わせた適正なメンテナンス頻度と、コスト削減に繋がる運転条件で管理を行うことが可能になります。

水処理装置管理手法フローイメージ