サービス導入によるメリット

水処理装置の「安定運転」と「メンテナンスの適正化」さらに「ユーティリティコストの削減」をご提案します。

K-ecoメンテナンスサービスの「運転状況見える化特約」によって、水処理装置の安定運転とメンテナンスの適正化を実現します。さらに、「省コスト化支援特約」を加えることで、ユーティリティコストの削減も達成可能です。

従来の管理手法:刻々と変化する工場の稼働状況や水質・水量に対応したメンテナンスが出来ていない。水処理装置の膨大なデータを活用できていない。運転条件を変更することによるコストとリスクが明確でない。

運転状況見える化特約:「運転状況見える化特約」では、リアルタイムで収集した運転データと定期的な水質分析結果を解析し、水処理装置の運転状態が一目でわかる「コンディションインデックス」としてお客様に報告します。この「コンディションインデックス」をもとに、運転状態に合ったメンテナンスの適正な実施時期をお客様にご提案いたします。

運転状況見える化報告書に記載されている「コンディションインデックス」とは、水処理装置の設計値に対する実際のパフォーマンスを単一の指標で表したシンプルでわかりやすいグラフです。そのため、水処理装置の性能を一目で把握することができ、メンテナンスが必要な時期も容易に判断することが可能です。

「省コスト化支援特約」では「運転状況見える化特約」で収集したデータを当社独自の特許技術で解析し、「ユーティリティコスト削減額」と「装置トラブル発生リスク」の相関関係を「コスト・リスクシミュレーション」としてグラフ化します。これにもとづいて、お客様と共にコストとリスクのバランスが最適な運転条件を構築していきます。