運転状況見える化特約の事例

RO膜閉塞を未然に察知し対策を実施。膜交換することなく安定運転を維持。
お客様設備の安定運転に貢献し、メンテナンスコストを削減した事例

「運転状況見える化特約」により収集した運転データから、RO膜が閉塞する傾向をタイムリーに察知。
原因を特定することで、RO膜を交換することなく処理水量低下等のトラブルを未然に防止した事例です。

<お客様の情報>
お客様の業種:半導体関連企業 / 対象設備:RO膜設備 / 処理水量:4m3/h

<事例の詳細>
「運転状況見える化特約」で算出されたコンディションインデックスにより、RO膜の性能低下を確認。
連続的なトレンドデータから性能低下の原因を特定し、速やかにRO膜洗浄等の対策を実施しました。
早急に対策を実施することで、RO膜の性能低下の進行を未然に防止。
お客様設備の安定運転を継続するとともに、RO膜交換等にかかるメンテナンスコスト削減を実現しました。