K-ecoメンテナンスサービス

メンテナンスは「タイムベース」から「コンディションベース」へ

あらかじめ決められた頻度でメンテナンスを実施する「タイムベース」のメンテナンスではなく、装置の運転状況に合わせて、必要に応じたメンテナンスを実施する「コンディションベース」のメンテナンスをご提案いたします。
見える化報告書の「コンディションインデックス」は運転状況がわかりやすくシンプル。装置の状態を一つの指標で表現することで、メンテナンス時期が一目でわかります。

「見える化報告書」で装置の運転状況や性能低下を一目で把握!

水処理装置に設置したセンサーでリアルタイムに運転データを把握・解析。運転状況の変化や性能低下等が一目でわかる「コンディションインデックス(指標)」を提供します。さらに、この「コンディションインデックス(指標)」をお客様と共有することで、実際の運転状況にもとづく「コンディションベース」のメンテナンスを実現します。

「省コスト化支援報告書」でユーティリティコストを削減する運転条件を提案!

見える化のために収集したデータをさらに深く解析し、「ユーティリティコストの削減額」と「装置トラブル発生リスク」の相関関係を「コスト・リスクシミュレーション」としてわかりやすくグラフ化。ユーティリティコスト削減を実現し、工場全体のランニングコストを低減する最適な運転条件をご提案いたします。