KCRセンターは栗田工業の「水処理ご相談窓口」です

コンパクトな凝集沈殿装置について

企業の水処理問題をトータルで解決!

「水」のプロが応える
水処理相談サイト

栗田工業株式会社

相談ダイヤル

メニュー

KCRへの相談事例

相談事例

KCRセンターに寄せられたお客様のご相談事例を紹介しております

  • 装置の新設・更新
KCRへの相談事例 No.6

コンパクトな凝集沈殿装置を探している

ご相談内容
コンパクトな凝集沈殿装置を探しています

当工場に導入している凝集沈殿装置は老朽化が進んでいるため、新たな装置への更新を検討しています。

工場の操業を停止することはできないため、工場内の遊休スペースに新たな凝集沈殿装置を設置し、運転を開始した後に既設装置を解体・撤去する必要があります。遊休スペースに収まるコンパクトな装置はありますか?

業種 機械製品製造業
設備 排水処理設備
水量 最大500m3/日
処理対象 懸濁物質

KCRからの解決策

KCRスタッフがお客様のお悩みに回答する

高速凝集沈殿装置「セディマックス SP型」はいかがでしょう

このたびは、KCRセンターにご相談いただき、ありがとうございます。

コンパクトな凝集沈殿装置をお探しであれば、高速凝集沈殿装置「セディマックス SP」はいかがでしょう。

本装置は、強力な凝集効果を持つ独自の凝集ポリマーと、ペレットブランケット方式の沈殿槽を採用することで、従来の凝集沈殿装置に比べて設置スペースを80%削減することができます。

また、当社には凝集剤の注入量を自動で最適化する「S.sensing CS」という制御システムもございます。排水の懸濁物質負荷に応じて、凝集剤の注入量を最適に制御することで、凝集剤の過剰注入や、注入不足を防止することが可能です。具体的に処理フローを検討する際に、こちらのシステムについても、合わせてご提案いたします。

セディマックスSPの省スペース効果

KCRセンターにご相談いただいた結果

既設に比べて、設置スペースを80%削減できる見込みです

その後、排水の水量と水質の詳細をお伺いし、沈殿槽の設置スペースを算出した結果、既設沈殿槽設置スペースが約50m2に対し、「セディマックス SP型」は10m2以下で、工場の遊休スペースに収まることを確認しました。

お客様には設置スペースが小さく、遊休スペースに収まる点に加え、「S.sensing CS」により凝集剤注入量を適正化できる点も評価していただき、現在、実液による机上試験を実施しています。

このページを見ている方へのおすすめコンテンツ

ユーザー登録のメリットユーザー登録のメリット

他の製品を見る

規格型水処理装置

水処理薬品

設備診断をしてみませんか設備診断をしてみませんか

御社のお悩みを解決する最善の方法をご提案いたします。お気軽にお申し込みください

気になる水処理設備を3つの視点で 診断します

  • 環境負荷軽減 環境負荷
    軽減

  • 管理負担軽減 管理負担
    軽減

  • コスト削減 コスト
    削減

メーカーに関わらず診断いたします

はじめてKCRセンターに来られた方へ「はじめてKCRセンターに来られた方へ」

企業の水処理のご相談を受け付けているクリタのサイトです。お悩み解決をサポートします

お問い合わせ・ご相談は下記までお気軽にご相談ください。
ご相談受付ダイヤル 相談無料0120-40-7474

受付時間 9:30〜17:00(土・日・祝日を除く)

栗田工業株式会社KCRセンターは栗田工業の
「水処理ご相談窓口」です

ご相談受付ダイヤル

相談無料0120
40-7474

受付時間 9:30~17:00
(土・日・祝日を除く)

WEBで相談する

カタログ請求