水処理関連ニュース

2012/5/30

水質汚濁防止法施行令の一部を改正する政令が閣議決定

環境省は5月18日、水質汚濁防止法施行令の一部を改正する閣議決定をしました。主な改正の内容は、工場または事業場からの排水規制対象となる有害物質(塩化ビニルモノマー等)の追加、事故時の応急措置対象となる指定物質(クロム、マンガン等)の追加、特定施設の追加です。この改正は平成24年5月23日に公布され、5月25日から施行されています。

詳しくはこちらから(環境省ホームページ)

ページの先頭へ戻る