水処理関連ニュース

2011/10/24

栗田工業が担体型嫌気性処理装置「バイオセーバー TK」を販売開始

栗田工業は、従来の嫌気性生物処理法では適用が困難であった低濃度排水やメタノールなど単一組成の有機排水にも適用可能な担体型嫌気性処理装置「バイオセーバー TK」を開発し、販売を開始しました。「バイオセーバー TK」は、有機排水の処理に広く適用されている好気性生物処理法に比べて、以下のようなメリットがあります。
①反応槽の大きさが1/3~1/5以下になります。
②電力費が約半分になります。
③余剰汚泥の発生量が1/4以下になります。
④発生するメタンガスを燃料として再利用することができます。

詳しくはこちらから(クリタグループウェブサイト)

ページの先頭へ戻る