新商品・技術紹介

クリタの誇る最新の水処理技術や製品情報をお届けいたします。

詳細ページをご覧いただくには、ユーザー登録が必要になります。(無料)

新商品・技術紹介

ダイシング工程からの排水回収提案
コスト削減設備管理の効率化水質改善アンモニア処理効率とエネルギー効率の高い可搬式処理システム
非定常アンモニア排水処理技術

非定常アンモニア排水処理技術として、低圧ストリッピング装置(LOPAS法)と触媒分解装置で構成された、可搬式処理技術です。一時的に排出される濃厚なアンモニア排水の処理に最適です。


新商品・技術紹介一覧

ダイシング工程からの排水回収提案
コスト削減設備管理の効率化水質改善従来に比べてランニングコストを約30%削減、処理水質の高純度化も実現。
新型再生式純水装置DBP(Double Bed Polisher)

一つの樹脂搭の中にアニオン交換樹脂とカチオン交換樹脂を完全に分割して充填するという全く新しい機構の薬品再生式純水装置「新型再生式純水装置DBP」を利用することで、従来の混床型純水装置に比べて、再生用薬品の使用量を減らし、さらに処理水質の高純度化も実現します。


ダイシング工程からの排水回収提案
コスト削減節水・排水再利用無菌充填ラインのリンス排水を90%回収、加熱蒸気使用量も削減可能。
無菌充填リンス排水回収システム

無菌充填ラインのリンス工程から排出される温排水をクリタ独自の技術で回収・再利用することで、用排水使用量と加熱蒸気使用量を削減し、飲料製造の水原単位・熱原単位を削減することが可能となります。


ダイシング工程からの排水回収提案
コスト削減設備管理の効率化最短2週間から利用可能。ノンケミカルで排水処理も不要。
純水装置レンタルサービス デミシャ

レンタルタイプの純水装置「デミシャ」は、コンテナに純水装置が収納されており、配管と電源を繋ぐだけですぐに純水を使用することが可能です。既存設備のメンテナンス期間中など、一時的に純水装置が必要な場合に最適な商品です。


ダイシング工程からの排水回収提案
コスト削減節水・排水再利用水質改善ダイシング工程に関わる水処理コストを約55%削減。
ダイシング工程からの排水回収提案

クリタの「膜式回収装置SF-T型」を用いて、半導体プロセスのダイシング工程から排水を回収する提案をご紹介します。従来は、全量下水へ排水されていたダイシング工程からの排水を回収することで、用排水量ともに削減することができます。


乾式メタン発酵技術
コスト削減設備管理の効率化廃棄紙類1トンから重油約170L相当のバイオガスを回収。
乾式メタン発酵技術

メタン菌の働きを利用して有機性廃棄物からバイオガスを回収する「乾式メタン発酵技術 KURITA DRANCO PROCESS」を用いると、可燃ごみを含む幅広い種類の有機性廃棄物からバイオガスを回収することができ、更にメタン発酵後の水処理も不要となります。


生物脱臭装置アロマスター
コスト削減設備管理の効率化臭気成分の硫化水素や、メチルメルカプタンを99%以上除去。
生物脱臭装置アロマスター

微生物の働きを利用した生物脱臭装置「アロマスター」をご紹介します。臭気成分濃度が高い場合、従来の酸・アルカリや活性炭を利用した脱臭方法にくらべて、臭気成分除去にかかるランニングコストや維持管理負担を軽減することができます。


嫌気性生物処理装置 バイオセーバーTK
コスト削減設備管理の効率化ランニングコストを約50%削減、さらに創エネによるメリットも。
嫌気性生物処理装置 バイオセーバーTK

有機排水の処理に最適な嫌気性生物処理装置「バイオセーバーTK」を紹介します。従来の嫌気性生物処理法では適用が困難であった低濃度排水や単一組成の排水にも適用でき、好気性生物処理と比べて、メリットがあります。


ピンチテクノロジーによる節水のご提案
コスト削減節水・排水再利用水原単位を30%以上、熱原単位を10%以上削減。
ピンチテクノロジーによる節水のご提案

ピンチテクノロジーとは工場で「使う水」と「捨てる水」の水量・水質を工程ごとに解析し、水の再利用などにより工場全体の節水を検討する手法です。多くのお客様に対してピンチテクノロジーによる解析を実施し、20~50%の節水を実現しています。


流動床担体による生物処理装置 バイオマイティSK
コスト削減脱水機の汚泥処理能力が約2.5倍に向上。
汚泥濃縮装置 アナティス

汚泥濃縮装置「アナティス」で汚泥を固液分離、濃縮することで、汚泥の脱水効率が上がり、脱水機の小型化、台数削減、運転時間削減などが可能になります。また、汚泥の含水率を下げ、汚泥処分費を削減することも可能です。


流動床担体による生物処理装置 バイオマイティSK
コスト削減既設曝気槽設置スペースが約1/3に。既設の能力増強にも最適。
流動床担体による生物処理装置 バイオマイティSK

省スペースで高濃度の有機排水にも対応できる、流動床タイプの生物膜処理装置です。既設の活性汚泥処理設備を改造することにも対応でき、排水処理設備の能力増強にも最適です。


微小動物による汚泥削減型生物処理装置 バイオプ
コスト削減設備管理の効率化余剰汚泥発生量を最大で約70%削減。処理水質は標準活性汚泥法と同等。
微小動物による汚泥削減型生物処理装置 バイオプラネットSR

主に食品製造工場を対象とした有機排水処理装置です。自然界の食物連鎖を応用し汚泥量を削減。従来の標準活性汚泥法に比べて最大約70%まで削減可能です(※微小動物が増殖可能な排水なら、食品製造工場以外にも適用可能です)。


省エネ型散気装置 ポラリスII
コスト削減設備管理の効率化生物処理の曝気ブロワ消費電力を約30%削減。
省エネ型散気装置 ポラリスII

排水処理に関わる電力の大半は、曝気ブロワで消費するといわれています。クリタは排水処理を効率化して省エネを図る、酸素溶解効率の高い散気装置「ポラリスII」を開発。独自の技術で曝気槽を効率よく散気し、消費電力量を約30%に削減します。


電気浸透脱水技術による次世代脱水機 ハイドプレスE
コスト削減設備管理の効率化処分汚泥量が約1/3、汚泥処理コストが約1/2に。
電気浸透脱水技術による次世代脱水機 ハイドプレスE

従来のベルトプレス脱水機や遠心脱水機等は、汚泥の含水率が70~80%台が一般的でした。クリタでは独自の電気浸透技術で含水率を低減する電気浸透脱水機「ハイドプレスE」を開発。汚泥発生量を削減し、産廃処理費用を軽減します。


大型再生式純水装置の運転経費削減提案
コスト削減設備管理の効率化純水装置にかかる運転コストを最大約30%削減。
大型再生式純水装置の運転経費削減提案

薬品再生式純水装置は、薬品によるイオン交換樹脂の再生が必要なため、薬品のコストと作業の負担が大きくなります。クリタでは前処理にRO膜[逆浸透膜]を利用することで、薬品再生頻度を約1/3~1/10に低減。薬品コストと作業にかかる手間を軽減します。


メッキプロセスの効率化提案
コスト削減節水・排水再利用設備管理の効率化メッキプロセスにおける水処理コストを約15%削減。
メッキプロセスの効率化提案

これまでメッキ工場では、純水装置の再生薬品やメッキ液の交換、廃液の処分等に、大きなコストと手間がかかっていました。クリタは純水装置の効率化やメッキ溶液中の有価物回収、リンス排水回収等を実現する技術を確立し、コスト削減を実現します。


新機構前処理システム
コスト削減設備管理の効率化水質改善有機物を効率的に除去し、RO膜[逆浸透膜]・イオン交換樹脂のトラブルを回避。
新機構前処理システム

有機物濃度が高い工業用水や井戸水は、イオン交換樹脂の再生頻度増加、RO膜[逆浸透膜]の閉塞が起こりやすくなります。クリタの「新機構前処理システム」なら、4種類の新技術を組み合わせメンテナンスの手間やコストを削減。最適な前処理を実現します。


ページの先頭へ戻る