純水装置

連続再生式純水装置

製品紹介 特長 流量
クリテノン SH型クリテノン SH型
(連続再生式純水装置)
ボタンひとつで自動運転する小流量タイプの純水装置。水道水から純水を製造することができます。 400L/Hr
ピュアコンティ PC-VR-L型ピュアコンティ 
PC-VR-L型
(連続再生式純水装置)
KCDIを搭載したコンパクトな純水装置。水道水から純水を製造可能。 1000~3000L/Hr
ピュアエース R-PA-W型ピュアエース R-PA-W型
(連続再生式純水装置)
逆浸透膜とKCDIをワンユニット化したコンパクトな純水装置。 5~15m3/Hr

RO膜[逆浸透膜]式純水装置

製品紹介 特長 流量
マクエース MR-R型マクエース MR-R型
(RO膜[逆浸透膜]装置)
簡単、手軽でコンパクトな小流量タイプの逆浸透膜ユニット。 80~240L/Hr
マクエース CD-M型マクエース CD-M型
(RO膜[逆浸透膜]純水装置)
小流量タイプのコンパクトな純水装置。高純度の純水にも対応可能。 300~600L/Hr
マクエース KN-R型マクエース KN-R型
(RO膜[逆浸透膜]装置)
小流量タイプのスタンダードな逆浸透膜ユニット。 2400~4800L/Hr
マクエース CK-S型マクエース CK-S型
(RO膜[逆浸透膜]装置)
中流量タイプのスタンダードな逆浸透膜ユニット。 6~18m3/Hr
マクエース CK-U型マクエース CK-U型
(RO膜[逆浸透膜]装置)
省スペースにこだわったコンパクトな逆浸透膜ユニット。 6~18m3/Hr
マクエース CK-U型マクエース CK-L型
(RO膜[逆浸透膜]装置)
120m3/hまでの処理が可能な大型逆浸透膜ユニット。 30~120m3/Hr

薬品再生式純水装置

製品紹介 特長 流量
SJ-A-E型混床式自動純水装置 
SJ-A-E型
(薬品再生式純水装置)
定番の混床型純水装置をさらに改良し、
再生時間と排水量を削減した新型機です。
4~25m3/Hr
スイフトマスターK SM-R型スイフトマスターK 
SM-R型、SM-RW型
(薬品再生式純水装置)
大容量タイプの薬品再生式純水装置です。
従来品を改良し、 短時間再生、排水量を大幅に削減、
省スペースを図りました。
10~33m3/Hr

非再生式純水器

製品紹介 特長 流量
デミエース DS型ディスポタイプ純水器 
デミエース DS型
(非再生式純水器)
小容量でコンパクトなカートリッジ純水器。 7.5~15L/Hr
デミエース DX型デミエース DX型
(非再生式純水器)
簡単手軽な交換タイプのカートリッジ純水器。 15~1000L/Hr
デミエース DK型デミエース DK型、DZ型
(非再生式純水器)
幅広い流量に対応した非再生式純水器。高純度の純水にも対応可能。 1~20m3/Hr

レンタル純水装置

製品紹介 特長 流量
デミシャ A・B型デミシャ A・B型
(レンタル専用純水装置)
コンテナに収めた、移動可能なレンタル純水装置。 1~15m3/Hr

ページの先頭へ戻る

おすすめコンテンツ

純水装置に関連する水処理の用語について

■ 純水とは

純水は、RO膜[逆浸透膜]やイオン交換樹脂を使って作ります。純度は、RO膜[逆浸透膜]に比べイオン交換樹脂で処理した方が高く、RO膜[逆浸透膜]では、0.5~1mS/m程度、イオン交換樹脂では0.1~0.2mS/m程度の純水が作れます。
>> 詳しい技術解説はこちら(水処理教室:純水とは)

■ 超純水とは

超純水とはRO膜(逆浸透膜)やイオン交換樹脂などで処理された純水から、ごく微量の溶存酸素や微粒子、有機物、生菌などを除去した水のことで、主に半導体製造などの電子産業分野で使用される非常に純度の高い水です。
>> 詳しい技術解説はこちら(水処理教室:純水よりはるかに純度が高い超純水)
>> 詳しい技術解説はこちら(水処理教室:超純水製造装置のしくみ)

■ RO膜[逆浸透膜]とは

RO膜のROとはReverse Osmosisの略で、日本語では逆浸透膜と呼ばれます。このRO膜(逆浸透膜)は非常に微細な孔を持つため、水中の有機物や生菌、微粒子、イオンも分離・除去することが可能です。
>> 詳しい技術解説はこちら(水処理教室:逆浸透膜現象を応用したRO膜[逆浸透膜])

■ イオン交換とは

イオン交換とはイオン交換樹脂が保持しているH+イオンやOH-イオンを水中のNa+イオンやCl-イオンなどと交換し、純水(HO)を製造する水処理の方法のことです。通水を続けてイオン交換能力が低下したイオン交換樹脂は、塩酸や苛性ソーダを用いて再生処理を施します。
>> 詳しい技術解説はこちら(水処理教室:イオン交換樹脂Ⅰ)
>> 詳しい技術解説はこちら(水処理教室:イオン交換樹脂Ⅱ)

■ 連続再生式純水装置とは

純水を製造する原理はイオン交換樹脂を使った純水製造装置と同様ですが、電気的にイオン交換樹脂の再生を常に行っているため、塩酸や苛性ソーダを使い、再生処理を施す必要がなく、維持管理の負担軽減が可能です。
>> 詳しい技術解説はこちら(水処理教室:電気再生式純水装置)

純水装置に関連するコンテンツについて

■ RO膜(逆浸透膜)とイオン交換樹脂に関連したコンテンツ

RO膜(逆浸透膜)を用いることで、イオン交換樹脂が充填された薬品再生式純水装置の再生頻度を低減する技術をご紹介しています。
>> 詳しい新商品・技術紹介はこちら

■ 連続再生式純水装置に関連したコンテンツ

従来の薬品再生式純水装置を連続再生式純水装置に更新することで、薬品再生にかかる手間とコストを大幅に低減した事例をご紹介しています。
>> 詳しい導入事例はこちら