活性炭ろ過器 KA-A型、KA-M型 (活性炭ろ過装置)

普及版活性炭ろ過器で、幅広い用途に対応。内面処理は、日本水道協会規格JWWA-K-1551に適合。

特徴

本装置は、多孔質の活性炭をろ材として使用しており、原水中に含まれる残留塩素や微量のCOD成分および色度や臭気を活性炭のもつ強力な吸着能力を利用して除去し清澄なろ過水を得るものです。

・自動逆洗機能付で日常管理が容易(KA-A型)
KA-A型は、シーケンサー制御と自動弁により、定時刻または低時間(通水積算)にて逆洗を自動で行います。また、外部からの信号入力による逆洗も可能です。尚、KA-M型は手動操作となります。
・良質の処理水が得られる塔構造
集散効率の良い積層式ストレーナの採用によりろ過水のたまりができにくい構造でいつも良質な処理水を得ることができます。
・溶出の少ない部材を採用
塔の内面塗装は、飲料水容器の適正試験(日本水道協会規格)に適合する無溶剤系エポキシ樹脂を使用しています。また純度の高い活性炭(クリコール)を採用しています。
製品画像

用途

・臭気・色度の除去
・残留塩素の除去

機能・ユーティリティ

屋外使用 電源 運転方法 水質モニター タッチパネル
不可 AC100V 自動 あり あり
可 AC200V 手動 なし なし

※KA-M型は無電源タイプとなり、空気作動式自動弁はありません。
※ 青色塗りつぶし部分が製品の該当を表します。


「活性炭ろ過器 KA-A型、KA-M型」はこんな企業様に最適です

上記用途で6~60㎥/hの活性炭ろ過水が必要な企業様。

型 式 標準通水量
(m3/h)
逆洗水量
(m3/h)
外形寸法(mm) 製品重量
(kg)
運転重量
(kg)
W D H
KA-A2 6 5.4 1,000 1,300 2,200 410 1,050
KA-A3 10 9.0 1,200 1,500 2,450 610 1,800
KA-A4 16 14.4 1,300 1,600 2,550 770 2,750
KA-A5 20 18.0 1,500 1,700 2,650 1,100 3,750
KA-A6 30 27.0 1,880 1,900 2,710 1,350 5,000
KA-A7 40 36.0 2,100 2,300 3,120 1,900 6,700
KA-A8 50 45.0 2,300 2,400 3,120 2,550 8,850
KA-A9 60 54.0 2,600 2,650 3,120 2,850 11,000

※通水量、逆洗水量は用途及び原水水質により異なります。
※製品重量にろ材重量は含まれておりません。
※KA-A型とKA-M型は外形寸法、製品重量、運転重量が異なります。

お問い合わせ・ご相談は下記までお気軽にご連絡ください。。

お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-40-7474 受付時間 9:30~17:00(土・日・祝日を除く)

インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る